創生・新しい日本

政治、経済、文化、社会・・・これからの日本を担う世代の提言Blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

官製IT・ネット戦略の的外れ

"国産検索エンジン"に続く、新たな官製プロジェクトの始動である。

経済産業省は、ヤフーや楽天、三越、佐川急便から果てはグーグルまで巻き込んで「日本のインターネット通販をアジア各国で利用しやすくする仕組み」作りに動き出した。簡単に言ってしまえば、アジアに住む人間が楽天でショッピングをできるようにしようということだろう。

率直に言って、私は経産省の意図がよくわからない。
BtoCのEコマースのプラットフォームなりシステムをアジア各国に供与しようというのであれば理解は容易いが、同じBtoCでもアジアの人間が日本のEコマースサイトで買い物をしても仕方がない。ライフスタイルも趣味も何もかも違うからである。
はっきり言って、これはまともな商売にはならないだろう。下手をすれば、悪評高い国産グーグル、京速計算機に続く税金浪費プロジェクトになりかねない。

日本のEコマースサイトは、大規模な販売事業者が商品を一手に引き受けるアマゾンのような業態でなく、小規模な事業者が寄り集まってショッピングモールのようなサイトを形成する楽天型が目立つ。その要因として、例えば決済においては"元締め"である楽天のような事業者がクレジットカード決済などのシステムを提供し、加えて代金引換という日本独自のサービスがあり、小規模事業者の負担は少ないことがある。それ以外にもポイントサービスやその他販促キャンペーンを一体的に提供できるプラットフォームまでも"元締め"が持つ(事業者の負担は事実上商品の発送のみ)。結果、小が集合して大を成す「スイミー型」Eコマースが成立しやすいのだ。

が、これが海外に対する商売となると話が違う。
発送だけでも事業者ごとの負担が増すだけでなく、価格設定を含めたマーケティング全体の再考が必要となるからだ。関税その他のコストを勘案しても、国内向けの価格・サポートのまま海外向けにBtoCのEコマースを展開するのは不可能に近い。
経産省は決済と商品引き渡しで工夫をする(現地の銀行や百貨店を活用して現金決済をしやすくするなど)と言うが、それ以前に根本的な問題があるのだ。

BtoBで製造業同士の国際連携を容易にするなどのあり方は十分考えうる。が、日本のネット通販をアジアの人々にも使ってもらいましょう、などというお節介発想はあまりにも非現実的である。中国のEコマース市場規模が日本の20分の1だからと言って、日本向けのEコマースサイトを使わせればよいということにはまずならない。
海外向けに商売をするならば、それに向けた専用のサイトなりプラットフォームを新たに作っていく他ない。ヤフー(ソフトバンクグループ)や楽天はそれぞれ現地で独自戦略を展開しており、こうしたことを理解しているはずだ。そのうえで監督官庁の研究会には"お付き合い"で参加しているに過ぎないだろう。当の行政がそれに気づくのは、いつになるだろうか。 (Y・K)


楽天市場がなくなる日 (洋泉社ペーパーバックス)楽天市場がなくなる日 (洋泉社ペーパーバックス)
(2006/02)
宮脇 睦

商品詳細を見る
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

同感です

TBありがとうございました。
同感です。
仮に、参加各社が本気で取り組んでいるのだとしても、楽天やY!ショッピングはいわゆるショッピングモールで、あくまでも「場」と「システム」を提供しているに過ぎず、商品のお届けはもちろん、キャンセル・返品・問い合わせなどの顧客対応は、そこに参加している大多数の中規模・小規模のEC業者が行わっており、これをそのまま海外向けにするということであれば、対応はまず無理だろうと思います。
仮に、そういった一連の問題を解決する仕組みをモール側で構築して・・・という構想だとしても、恐らく利用するEC業者側の金銭的負担も大きくなるでしょうから(特に、楽天さんあたりのやり方だと。。。)、そこまでの費用対効果が期待できなければ利用するEC業者もなく・・・という顛末になりそうな気がします。

ikunon | URL | 2007年11月25日(Sun)22:09 [EDIT]


コメントありがとうございます

コメントありがとうございます。

仰るとおりです。BtoCで国内向けのサイトを海外でも使わせようというのは特に中小の事業者に莫大な負担を課すだけでなく、費用に見合う効果を得られないことは確実です。
現に楽天にしろソフトバンクにしろ、現法を設立し、あるいは現地の事業者に出資をして事業を展開しています。わざわざ東京から上海の人間に買い物をさせる仕組みは今は必要とされていませんし、国内に事業者にもやる気はないでしょうから税金を食い潰すだけの無駄なプロジェクトになるのは必至です。
本当に、経産省が何を意図しているのか理解できません。この時期予算を取りたいのならばもう少しうまいやり方があるとも思うのですが・・・

newjapan(Y・K) | URL | 2007年11月25日(Sun)22:41 [EDIT]


なるほどです。ヤフーからきました。コメントで失礼しました。

sy | URL | 2008年11月06日(Thu)15:29 [EDIT]


トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

悩み! 髪の毛で悩んでいる方朗報です!

薄毛・抜け毛でお悩みの方に朗報です!発売以来、売上記録更新中・・・ 累計本数35万本突破! ★東急ハンズで人気! 楽天ランキング1位に!!★悩み事は本人でしか分らない事が多くあります。その一つが髪の悩みではないでしょううか?? 人前では 別に気にしてない?...

最新【楽天インターネット通販・ショップ】 2008年01月13日(Sun) 21:31


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。