創生・新しい日本

政治、経済、文化、社会・・・これからの日本を担う世代の提言Blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

国内航空"内憂外患"極まれり

大韓航空(韓国航空最大手)が、低運賃航空の設立を正式に発表した。
社名は「エア・コリア」。大韓航空が現在保有するエアバスA300-600R型機(中型機/JALも使用)とB737-800型機(小型機/ANA、スカイマークエアラインズなども使用)を借り受けて運航を開始するようだ。

注目すべきは、これが日本発着の国際線にも就航する見通しであること。それも、今まで関西国際空港でしか実現していなかった低運賃航空の国際線参入が地方空港でも実現する可能性が高い。
外国航空会社の地方空港への乗り入れは、つい先般事実上自由化されただけに、今後一気に参入が進む可能性がある。

気づけば周りは"黒船"だらけだ。
今年3月に関西国際空港にジェットスター(豪カンタス航空傘下)が就航し、東南アジア低運賃航空最大手のエア・アジアもグループ会社の日本発着国際線参入の意向を表明した。それ以外にも、判っているだけで韓国1社、香港1社、マカオ1社、シンガポール2社の計5社が日本発着国際線への参入を目指している。
そうしたなかで、先陣を切って地方空港発着路線への参入まで明らかにした(具体的な路線は不明だが)エア・コリアの動きは、予期されたものとはいえ衝撃的だ。

低運賃航空の国際線参入は、単に日本の航空各社に影響を与えると言うだけではない。
過熱する近隣諸国との"ハブ空港"地位競争により大きなネガティブ・インパクトを与える可能性もあるのだ。
現在、国内では20以上の地方空港に韓国の大手2社(大韓、アシアナ)が定期便で就航している。これにより、地方から海外に出国する日本人が仁川経由で目的地に向かうケースが非常に多くなっている。韓国の低運賃航空の就航が、この動きに一層拍車をかけることは間違いない。結果、成田・関西・中部の三大国際空港は国内の利用者さえ満足に集められない(仁川に奪われる)だけでなく、地域ハブから一気に弱小空港へと転落する可能性もある。
海外からの影響で、空港において空洞化現象が起こる可能性がより現実的になったと言えよう。

更に悲劇的なのは、こうした動きに対して国内航空会社、空港ともに対抗する術を持っていないことだ。
現在、大手2社のうち全日本空輸(ANA)のみが国際線も含めた低運賃航空の創設を準備しているが、まだ具体的な計画は一切明らかになっていない。加えて、国内空港はそもそもその施設を利用するためのコスト(着陸料など)が非常に高く、低運賃航空を育成するだけの基盤がない(詳しい問題点はこの前の記事でも紹介している)。

昨日、国内新規航空のスターフライヤー(SFJ)にANAが約1億円を出資することが明らかになったが、その目的のひとつがANAグループの低運賃航空設立のためのノウハウを蓄積することだという見方がある。
が、SFJの運賃水準はそもそも"低運賃"と称するほど明確な差別化がなされているわけではなく、サービスもハード・ソフト両面で付加価値を高めてあるため、相対的に低コストにはなっていない。加えて、そもそもSFJは就航からまだ2年に満たないから、「ノウハウの蓄積」など望むべくもない。
とすれば、ANAがSFJに出資を決めたのは経営に対する一定の発言力を得て国内線での競争を和らげる目的からだったと解釈するのが自然だ。

ところが、冒頭から述べてきたような状況にあってはANAは国内線よりも国際線において特に競争への対応が必要になる。ANAは国内で1億円の大枚をはたいて投資しただけの成果を挙げられるのか極めて疑問であるのみならず、明らかに競争対応の順序を間違えているのだ。
更に言えば、1億円出資しても出資比率は1.05%(発行済総株式数比)に留まる。出資したところでSFJの経営への影響力は僅かに限られるだけでなく、現在両社が羽田=関西国際空港線で進めているコードシェアでもSFJにより有利な対応をしなければならない立場に追い込まれた。SFJがANAとの競合で経営不振に陥った場合、ANAは利益相反により株主代表訴訟のリスクさえ抱えかねないからだ。

もう一方の大手である日本航空は、最近ようやく収益が持ち直しつつあるが新規投資を行って海外の"黒船"勢と伍すだけの経営体力はまだない。前出のジェットスターとはコードシェアで提携(関西=ブリスベン=シドニー線)しているが、今後競争が激化するアジア近距離線ではどう対応するのか注目される。

いずれにせよ、日本の航空業界はいよいよ内憂外患極まれりという状況になっている。
ここでイニシアチブをとり、国内航空の競争力強化へ動くべきなのは行政(国土交通省)だが、昨今の諸問題への対応を見るにつけ、期待すべくもなさそうだ。残された時間は少ないが、空港、航空会社一体となった競争力の向上に向けて音頭をとるのは一体誰であろうか。 (Y・K)


(11/28追記)噂をすれば何とやら、である。今度は、中部国際空港が大韓航空と提携して中部圏の貨物を仁川経由で全世界に輸送する体制を整えると発表した。既に大韓航空は貨物取扱高では世界の3位以内に入るが、これで更に仁川の極東ハブ化が進む。中部国際空港も、その現状を追認した(せざるを得なかった)ということだ。これでも企業経済において規制強化が必要とか、地方にカネを回せとか言う人間は規制と一緒に心中すればどうか。そういう無責任な言説が日本をここまでの窮状に陥れたことを認識してほしい。


地に墜ちた日本航空―果たして自主再建できるのか地に墜ちた日本航空―果たして自主再建できるのか
(2007/05/31)
杉浦 一機

商品詳細を見る
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

面白かったです

よく遊びに来ます。いつもアップ感服します。私も努力しないと・・・。もう寒くなってきたので風邪などに気をつけて下さい。応援しています。

暁生 | URL | 2008年11月11日(Tue)16:07 [EDIT]


トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【 スターフライヤー 】について最新のブログの口コミをまとめると

スターフライヤーに関する最新ブログ、ユーチューブ、ネットショッピングからマッシュアップした口コミ情報を提供しています。

プレサーチ 2007年11月27日(Tue) 18:30


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。