創生・新しい日本

政治、経済、文化、社会・・・これからの日本を担う世代の提言Blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

民主党は2ちゃんねらーと同じか

香川の祖母・孫3人行方不明事件の結末は「祖母義弟による殺人事件」となった。
が、事件発生から今日に至るまで「2ちゃんねる」をはじめとするWeb上のコミュニティでは「あの父親が怪しい」と言わんばかりの(あるいは完全に断じている)空気がありありだった(画伯という通称まで付いていた)。
結果として、その父親は娘2人を期せずして失ったばかりか、世間から犯人扱いされ、加えて親族の犯行というショッキングな事実に追いつめられることになった。
この一件は、同情してもし切れない。

一方国会では、額賀福志郎・財務大臣が守屋武昌、宮崎元伸らと宴会に同席していたのではないかという疑惑をかけられていた。事の発端は守屋自身の証言によるが、民主党は「第三者の証言」「座席表」などの「証拠」なるものの存在を明らかにした(結局「第三者」は守屋だった)。
「証拠」自体は明らかにせず、証人喚問の応諾を求めたわけだが、これだけでも民主党の対応は可笑しい。

通常、物事に対する立証責任はそれを言い出した側にあるはずだ。
にも関わらず、民主党は「額賀が証言すれば済むこと」と他者に立証責任を転嫁したばかりか、「やましいことがなければ喜んで証言すればいい」などと中傷とも挑発とも取れる言い草を放った。
考えても見ればよい。事実かどうかもわからない(怪しい)巷の流言蜚語のような類について、いちいち大臣に立証責任を転嫁していれば大臣は仕事などやっていられない。百歩譲って民主党の論理を認めたとしても、それは自民党からすれば小沢一郎(巨額の寄付を受領)や東祥三(小沢側近・山田洋行顧問の経歴も)をも証人喚問できることになる。
「一緒に飯を食っていたのではないか。裏に何かありそうで怪しい」と言い出せば、「巨額の寄付はなぜ行われたのか。裏に何かありそうで怪しい」、あるいは「元代議士がなぜ山田洋行の顧問まで務めたのか。裏に何かありそうで怪しい」という話も出てきて可笑しくないからだ(ちなみに東は今、地元選挙区で次期総選挙に向けた選挙活動をしている)。

ここまで述べれば諸氏もお分かりだろう。
他人を根拠なき飛語で貶め、しかもその立証責任までもを転嫁する行為が如何に品格も常識も欠如した行為であるかが。
しかも、初めは証言者は宴席に出席した第三者というニュアンスだった(それが心証としての信憑性を高めた)はずが、結局"証人は証人の証人"という自己矛盾だ。ここまで来れば空気が読めない(KY)どころか、頭が弱い(AY)のではないか。

念のため申し上げておくが、私は額賀大臣の宴会出席疑惑が"シロ"だと断定しているわけではない。尤も、昨日の自民党の調査結果からすれば、我々の生きる三次元の世界では"クロ"はあり得ないことだろうが(ちなみに私は現在支持政党を持たないので誤解無きようにお願いしたい)。

少なくとも、根拠も何も明確に示せず、立証責任さえも果たせない今の民主党は、2ちゃんねらーどころか小生意気な糞餓鬼と同類だ。
全く、詭弁にも使い方と言うものがある。下に良書を紹介したので勉強し直すとよい。

政策提言の価値さえ見出せない国会の醜態を見せられ、幻滅する国民の気持ちくらいは理解していただきたいものだ。 (Y・K)


詭弁論理学 (中公新書 (448))詭弁論理学 (中公新書 (448))
(1976/01)
野崎 昭弘

商品詳細を見る
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ねラーの犯罪

ねラーは不要

ねラー半島人 | URL | 2008年03月10日(Mon)10:12 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。