創生・新しい日本

政治、経済、文化、社会・・・これからの日本を担う世代の提言Blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

"KY"は罪か

世間の今の「常識」を列挙してみる。
・日本は史上かつてない格差社会である ・規制緩和をはじめとする「市場原理主義」的政策は悪だ ・小泉改革の行き過ぎで地方は疲弊した ・そしてこういった主張を認めないのは「KY(空気が読めない)」だ ―

これらにはそれぞれ嘘や詭弁が交じっているわけだが、何せこの国ではマスコミの言うことは全て正しいと知らず知らずの間に信じ込む国民が多い(こういう人々を「SG(洗脳された愚民)」と呼ぶ)。

"SG"は、無知ではなく無関心だ。という以前に考えることを知らない。知っていることを元に考えれば、マスコミや世間が「常識」としていることがその名に相応しくない疑わしき俗説であることなど容易に看破できる。

「格差」とは何か。それを最も明確に体現するのがスラム街だが、日本にはそれはない。
あるいは生まれた子どもを「間引き」と称して殺したり、娘を売り飛ばしたりしていたのはつい7、80年前までの話だ。
そんな時代よりも今のほうが「格差」があるとするならば、格差という言葉は一体どういう意味なのだろうか。

「市場原理主義(これも悪意ある俗称だが)」とは何か。市場という効率的な富の分配スキームを否定したそれと対極の思想は「社会主義」だ。ハイエクは社会主義とファシズム(全体主義)は同じだと喝破した。近代自由主義、そして民主主義は商業の自由から生まれたこともまた彼の指摘するところだが、規制を志向し人々から経済的自由を奪うことは結果的にファシズムに帰結し、破綻に行き着く。
嘘だと思わばソビエトを見よ。この一言に尽きる。

「地方の疲弊」とは何か。つまるところ、公共事業費削減や地方の財源不足による行き詰まりではないのか。これは財政再建の流れに従った当然の帰結であり、小泉改革の悪行などというのは大嘘である。小泉改革が地方に何をしたのかといえば、例えば構造改革特区制度」の創設だ。街づくりや教育など、様々なテーマで規制緩和を行った結果それらは多くが成功を収めている。これこそが、小泉改革の結果だ。

最近の反改革論調を見ていると、ハイエクの「人々は一旦自由主義による経済的恩恵を受けると、こらえ性がなくなり再び規制を求めるようになる」といった趣旨の言葉を思い出す。
本当にその通りだ。今の日本社会で自由主義経済の恩恵を受けていない人間など一人もいないはずなのだが、どうしたことだろうか。

上に述べたことに何一つ詭弁や嘘はない。それでも"KY"と呼ばば呼べ、と言うものだ。
そのレッテルをこそ、我々は名誉の勲章としたい。
そんな「空気」など、読んだがお終いである。 (Y・K)


「場の空気」を読む技術「場の空気」を読む技術
(2004/07)
内藤 誼人

商品詳細を見る
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

首相!また額賀大臣を擁護ですか? + テレビよりもラジオだね!

人気blogランキングへ  FC2blogランキングへ   平和を願う人々の思いを全国へ届けたいと頑張ってます。 いろいろあって、遅くなってしまいました~ごめんなさい。^^; よろ...

わんばらんす 2007年11月27日(Tue) 21:27


ほぼ、海舌が書きたかったことを書いて頂いている⇒民主党は2ちゃんねらーと同じか、他人を根拠なき飛語で貶め、しかもその立証責任までもを転嫁する行為が如何に品格も常識も欠如した行為であるか

創生・新しい日本 民主党は2ちゃんねらーと同じか 2007年11月28日(Wed) 通常、物事に対する立証責任はそれを言い出した側にあるはずだ。 にも関わらず、民主党は「額賀が証言すれば済むこと」と他者に立証責任を転嫁したばかりか、「やましいことがなければ喜ん...

『海舌』 the Sea Tongue by Kaisetsu 2007年11月28日(Wed) 02:18


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。